ホーム > 導入事例

導入事例

現在FLCSの映像コミュニケーションサービスは企業活動、教育現場など様々な場面で利用されています。以下にその利用シーンの一部をご紹介致します。

設備投資をしたくない中小企業様で利用

市販のWebカメラ、民生用マイクなどを活用して、本格的なテレビ会議システムとしてご利用いただくことができます。 専用に安価なノートパソコンを購入し、事務所の中から手軽にできる会議室として利用できます。

設備投資をしたくない中小企業さまで利用
産学連携など異業種間交流で活用

産学連携など異業種間交流で活用

大学と企業さまの共同研究などのコラボレーションを進める上で、ASPで利用できるFLCSは、設備、利用面で導入がスムーズです。

営業支援ツールとして経費削減に成功

イーモバイルやワイヤレススポットなどをご契約されれば、エリア内であれば場所を問わずWeb会議やWebセミナーに参加できます。もちろん営業訪問先でもOKです。
全国に点在する出先の営業マンがお客様をご訪問した際に、モバイルノートを開き自社の本社(技術)スタッフを商談に参加させています。 お客様の要望や問題点を迅速に共有でき、商品開発・製作に活かすことができます。 営業訪問によるお客様のつなぎ止めをしながら、経費(交通費、宿泊費)が削減できます。

営業支援ツールとして経費削減に成功

学習塾への活用

複数の生徒に時間割を決めて、ネット塾を運営いただけます。 生徒の拘束時間がありますのでさながら塾に来ているかのように勉強でき、不明な点を講師に聞くなどの運営も可能です。 追加ID300円で複数の受講生が登録でき、時間割を決めることで入れ替わり立ち替わり教室で学習ができるため、受講生を増やせば運用コストが下がります。この点は大きなメリットをもっています。

語学教育での利用

中国語、英語の学習において、日本人講師はどうしても人件費などコスト面で運営が大変です。何れも海外の地元講師と契約して日本人向けにオンライン講座を開設され教育を展開されている事例もございます。

語学教育での利用
通訳サービスとしての利用

通訳サービスとしての利用

国際会議に通訳の方が参加されるなど通訳サービス付きWeb会議の事業を展開できます。チャットなどで翻訳を入れて解説もできますので、音声と文字でわかりやすく通訳サービスに活用いただけます。

屋外または移動中に利用

イーモバイルやワイヤレススポットなどをご契約されれば、エリア内であれば場所を問わずWeb会議に参加することができます。新幹線の中でもご利用いただけます。

屋外または移動中に利用
↑ページトップへ戻る