ホーム > FLCSとは > 機能紹介

旧FLCSの機能紹介

FLCSにはWeb会議、Webセミナーにおいて、より快適に、より簡単に、そしてより充実したコラボレーション作業を実現するための各種機能が搭載されています。 ※以下の機能は、旧FLCSの機能となり、新FLCS-xにはない機能があります。ご了承ください。

FLCS機能一覧

接続管理

接続管理1接続管理2

DSL(標準モード)やMODEM(低速回線)の切り替えが手動でできる通信環境の設定、オンライン状態、通信ポートなどが分かります。終了時間が近づくとメッセージで案内します。

テレビ電話

テレビ電話

※FLCS4/4の場合
画面人数分のUSBカメラ、ヘッドセットを利用してコミュニケーションができます。カメラ選択が参加者間で自由に選択・解除できます。Webセミナー専用タイプの場合は1画面、Webサポートの場合は2画面、Web会議・Webセミナーの3・4・5画面とプランに合わせて表示する窓の数(画面)が変わります。

ホワイトボード

ホワイトボード

文字入力、文字囲み、矢印作図による簡易説明が行えます。言葉だけでは伝わりにくい内容を補足する時にご利用いただけます。(図形は接続者間で同期され、作画部位を共有しています。)ペンタブレットも使用可能です。

Flashスライド

Flashスライド

パワーポイントデータを元に作成したFlashスライドファイルを利用してリアルタイムにプレゼンテーションができます。パワーポイントデータからFlashスライドへの変換については、100スライドまで変換できる無料ソフト(SWF-Converter)で簡単にすばやく変換することができます。
これにより、Microsoftパワーポイントがインストールされていないユーザやバージョンを気にすることなく、不特定多数の参加者へプレゼンテーションを行うことができます。更に、シェアウェア(有償)のPowerFlashPointを利用することで、ベクトル方式に対応した美しく、鮮明なFlashスライドを作成することができます。また、アニメーションにも対応しています。ソフトの導入やFlashスライドの操作が問題などでお困りの方向けにデスクトップ共有もご用意しております。

テキストスライド

テキストスライド

スライドの作成、削除が行えます。スライドにはタイトル、内容のテキスト入力が可能です。レジュメ、テキストメモの共有としてご利用いただけます。

出席管理

出席管理

参加者リストにて出席管理も行えます。

テキストチャット機能

テキストチャット

テキストチャットがご利用いただけます。連絡用チャットが実装されましたので、オンラインセミナーを開催する際に大変便利になりました。ハイパーリンクも表示できますので、URL(アドレス)も簡単に周知できます。

ボイスチャット機能

ボイスチャット

音声によるチャット機能です。複数の参加者同士で通話することができます。講師が画面レイアウトを変更することで、ボイスチャット機能(ホワイトボードやチャットなど含む)が開放され、マイクで講師に音声で質問ができます。なお、音声は、参加者全員に伝わります。
FLCS 1/10,1/20,1/30などWebセミナー専用プランに限定した機能となります。

デスクトップキャプチャー機能

デスクトップキャプチャー機能

弊社製ソフトウェア「DesktopCapture ver1.0」(無料)を使用して、デスクトップ上の任意の選択範囲をキャプチャーし、FLCSホワイトボードへ直接簡単にアップロードすることができます。デスクトップキャプチャーに関する詳細情報はこちら

インスタントメッセージ機能

インスタントメッセージ

参加した特定の相手にメッセージを送信することができる秘話機能です。送信後、受信確認後に内容はクリアされ、チャットのようにシステムに残 ることはありません。

プライベートメッセンジャー機能(オプション)

プライベートメッセンジャー機能

最新情報:プライベートメッセンジャー機能
特定の相手とメッセージを送受信できる機能です。メッセージはやり取りをしている相手と自分にのみ表示され、他の参加者には表示されません。Web セミナーにおいては講師の特定の受講生に対する「個別指導」機能としてご利用することができます。
オプション価格について

リモート退出機能

リモート退出機能

FLCSルームから一時的に退出させたい場合に利用できます。参加者のパソコントラブル(不要なコネクションが残る)などが発生した場合に、遠隔で退出操作が行えます。また、会議やセミナーが早く終わった場合でも退出処理をリモートで行うことができます。

共有ファイル

共有ファイル

ワード、エクセル、パワーポイントなどのファイルを共有できます。Jpeg画像をアップロードするとホワイトボードへ画像を掲載することができます。5つのファイルをアップロード、共有することができます。Flashスライドもここにアップロードして共有します。

ポインタ指示

ポインタ指示

指アイコンによる指示およびマウス操作を共有することができます。ホワイトボードやスライド上で指アイコンにて指示しながら解説を補完できます。

個別ルーム機能(オプション)

個別ルーム機能

大勢の集まるメイン会場からプレゼンテーションを行う小会議室へ移動したり、セミナー会場から小会議室で個別面談、打ち合わせとコラボレーションを更に飛躍、発展させることができる個別ルームをご用意いたします。各種研究発表、展示・商談会、婚活支援、オンラインセミナーなどWeb会議の可能性を大きく広げることができます。メイン会場をのぞき、最大5室まで拡張可能です。初回追加オプションのでみで継続的にご利用いただくことができます。
オプション価格について

Web共有(オプション)

Web共有

ブラウザを相互に自動起動し、URLを入力して、Webページをお互いに共有することができます。
オプション価格について

Movie共有(オプション)

Movie共有

動画は全部で5個、合計約10分間(30MB)サーバへリモート録画できます。事前に録画しておいた動画は、プレゼン(Flashスライドなど)中に放送 (ライブオンデマンド)することができます。この動画はプレゼンエリア上に挿入させることができます。
たとえば、当日会議に参加できない役員メッセージなど、Webカメラで事前に録画しておき、ビデオメッセージとして再生(ライブオンデマンド)することができます。
また、本格的なデジタルムービーをFLCSサーバへアップするためには、SpritCAM(仮想ビデオデバイス:フリー)をご利用ください。FLV-RecorderツールにSptitCamをアタットし、リモート録画(FLV変換)することができます。
オプション価格について

ライブ共有(オプション)

ライブ共有

TV電話よりさらに高画質なライブ放送が可能です。しかも遅延はほとんどありません。例えば、TV電話で発表者を移しながら、書画カメラとして教材の提示をしたり、黒板の文字を撮影するなど臨場感あふれる映像伝送が行えます。QVGA(320×240ピクセル)、QHD(960×540ピクセル)、HD(1280×720ピクセル)のサイズに対応しています。
例)で使用しているカメラはサンワサプライ製CMS-V27SET
オプション価格について

デスクトップ共有(オプション)

デスクトップ共有

スクリーンキャプチャーソフトまたは、RGBビデオキャプチャーデバイス(TwinPact100等)を利用し、パワーポイントやアプリケーションのデスク操作画面を参加者全員にFLV映像で配信、共有することができます。VGA(640×480ピクセル)解像度まで対応しています。
機器構成として、FLCS用エンコード(画面)PCにiLinkでRGBビデオキャプチャーデバイスを接続、デスクトップ共有をしたいパソコンのモニターアウトをRGB端子に接続します。パワーポイントを利用した現地発表会場において、パソコンが発表者毎に入れ替わっても、問題とならない運用上の利点があります。なお、デスクトップの静止画ベースの共有については、ディスクトップキャプチャー機能が標準サービスでご利用いただけます。利用シーンに合わせてご利用、ご選択ください。
オプション価格について

アンケート(オプション)

アンケート

会議やセミナーに参加している人からリアルタイムにアンケートが取れます。会議における賛否。セミナーにおいては、学習者のスキル把握、確認などにお役立ていただけます。アンケートのタイトル、内容については自由に作成できます。
オプション価格について

予約機能

予約機能

ログインページにアクセスしてWeb会議、Webセミナーの予約が行えます。Web会議の場合は、会員間で誰でも予約ができます。Webセミナーでは、管理者や講師が予約でき、受講生をセミナーに登録することができます。予約後に参加者にメールが自動送信しされます。
また、連携機能として、他の会員制サイトとの連携をサポートしています。予約機能で登録が必要となりますが、連携モジュールにより他の会員制サイトでFLCS「会議室、セミナールーム」を取り込むことができます。ただし、カスタマイズ、システム連携試験などが必要となりますので、詳しくはお問い合わせください。
関連⇒お問い合わせフォーム

呼出し機能

呼出し機能

Webサポートなど予約なく相手を直接呼び出しすることができるツールをご提供いたします。FLCSコネクターと呼ばれ、Web版とAIR版(開発中)があります。WebサポートやWeb会議で利用できます。※予約機能との併用はできませんので、どちらかの機能となります。
関連⇒Webサポート

↑ページトップへ戻る