ホーム > 利用環境 > 旧FLCS推奨環境

旧FLCS推奨環境

旧FLCSをご利用になるには以下のPC環境、条件、通信環境等が必要です。

動作条件

OS(オペレーティングシステム) Windows:2000/XP/Vista/Windows7
Mac:Mac-OS8.6以上
Linux:Ubuntu
必要なハードウェア及び環境 モニタ解像度:1,024×768ピクセル以上
音声デバイス:ヘッドセットの使用を推奨
映像デバイス:ビデオキャプチャデバイスとビデオカメラ(オプション)
インターネット接続:LANカードまたは、ADSL以上の速度でインターネット(変動IP対応)へ接続されていること
推奨動作環境 プラン:FLCS 1/10、FLCS 1/20、FLCS1/30、FLCS1/50、
FLCS 1/100、FLCS 1/200(Webセミナー)

CPU:Intel PentiumIII 800MHz以上
メモリ:512MB以上

プラン:FLCS 3/5、FLCS 2/2H、FLCS 1/10H
(Web会議・Webセミナー・Webサポート)

CPU:Intel Pentium4 1.8GHz以上、PentiumM 1.1GHz以上、CerelonM 1.2GHz以上、Atom1.6GHz以上
メモリ:512MB以上

プラン:FLCS 4/4、FLCS 5/7、FLCS9/9、FLCS11/11、FLCSライト
(Web会議・Webセミナー)

CPU:Intel Pentium4 2.4GHz以上、PentiumM 1.6GHz以上、CerelonM 1.6GHz以上
メモリ:1GB以上

プラン:FLCS 3/5H、FLCS 4/4H、FLCS 5/7H
(Web会議・Webセミナー:高画質版)

CPU:Intel Core2 Duo 2GHz以上 Pentium Dual-Core2.2GHz以上、Athlon2.8GHz以上
メモリ:1GB以上

ソフトウェア
(対応ブラウザ)
Microsoft Internet Explorer 5.5以上
※ただし、Microsoft Internet Explorer9.0β版は、表示問題があるため、推奨いたしません。
Mozilla Firefox 2.x以上
Google Chrome
Safari 2.x以上(MAC/Win)
Opera 9.x以上
Adobe Flash Player 6.0以上が動作するブラウザ ※ライブ共有、ディスクトップ共有(オプション)を利用の場合は、Adobe Flash Player 9.0以上が動作するブラウザが必要です。
通信ポート 1935/443/80 rtmpプロトコル(またはHTTPトンネリング対応のrtmpt)

各メニュー帯域

標準版
映像・音声帯域(一人あたり)
<DSLモード利用時>
大画面時 206kbps(Video180kbps/Audio26kbps)
中画面時 206kbps(Video180kbps/Audio26kbps)
小画面時 154kbps(Video128kbps/Audio26kbps)

<MODEMモード利用時>
各画面 一律  40kbps(Video21kbps/Audio19kbps)

※各画面は、Webカメラ利用時の画面サイズです。
※ADSL/ケーブルインターネット以上を推奨。
※イ−・モバイルの場合、DSLモードで利用できます。
※TV画面の大きさ、各モードは手動で切替えできます。
高画質版
映像・音声帯域(一人あたり)
<LANモード利用時>
大画面時 559kbps(Video512kbps/Audio47kbps)
中画面時 405kbps(Video358kbps/Audio47kbps)
小画面時 197kbps(Video150kbps/Audio47kbps)

<DSLモード利用時>
大画面時 206kbps(Video180kbps/Audio26kbps)
中画面時 206kbps(Video180kbps/Audio26kbps)
小画面時 154kbps(Video128kbps/Audio26kbps)

<MODEMモード>
各画面 一律  40kbps(Video21kbps/Audio19kbps)

※大中小の各画面は、Webカメラ利用時の画面サイズです。
※小画面時は初期の表示サイズです。
※光インターネット回線以上を推奨
※TV画面の大きさ、各モードは手動で切替えできます。
総帯域(メニュー別一人あたり) <標準版>
FLCS 3/5  上り:154k〜206kbps   下り:308k〜620kbps
FLCS 4/4  上り:154k〜206kkbps  下り:462k〜620kbps
FLCS 5/7  上り:154k〜206kbps   下り:616k〜1Mbps
FLCS 9/9  上り:154k〜206kbps   下り:〜1.2Mbps
FLCS 11/11  上り:154k〜206kbps   下り:〜1.5Mbps
FLCS 1/10  上り:154k〜206kbps   下り:154k〜206kbps

<高画質版>
FLCS 2/2H 上り:247kbps 下り:247kbps
FLCS 3/5H 上り:197k〜559kbps 下り: 394k〜1.2Mbps
FLCS 4/4H 上り:197k〜559kbps 下り:600k〜1.2Mbps
FLCS 5/7H 上り:197k〜559kbps 下り:1M〜2Mbps
FLCS 1/10H 上り:197k〜559kbps 下り: 197k〜559kbps

※各モードと画面構成(サイズ)で利用帯域が自動で選択されます。また、インターネット上でのパケットロス、遅延、帯域変動を検出し、エンコードレートを自動で調整しますので、安定した配信が行えます。

※MacOS Xで、USBカメラの種類によりTV電話の画像が表示されない場合があります。音声通話は問題ありません。
※ Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
※ Flashは、Adobe,Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※ HTTPトンネリングにより企業内ファイヤーウォールからご利用いただけます。
※パワーポイントデータからFlashスライドを作成するSWFConverter(無償配布)については、Windows2000/XP/VISTAにて動作を確認しています。

インターネットにおけるご利用について(注意点)

利用者のインターネット回線がベストエフォート方式の場合は、必ずしも品質が保証されるわけではございませんのでご了承ください。

↑ページトップへ戻る