ホーム > サービス内容 > Web会議

FLCS web会議(旧FLCS)

FLCS Web会議とは?

企業内、海外拠点とのWeb会議・ミーティングだけではなく、セミナー、オンライン塾、遠隔教育、投資相談など同時5〜11人の少人数間のコミュニケーションに最適なサービスです。料金プランはこちら

活用例

・企業内、海外拠点との会議・ミーティング
・経営幹部会議、営業会議、取締役会議、産学官会議
・クライアントとの商談
・遠隔面接
・サテライトオフィス
・朝礼、社長の年頭挨拶
・非常時の緊急連絡会議
・学校間テレビ会議交流
・複数の試験会場(会場本部間の連絡、同時試験開始等)

Web会議のスクリーンショット

サービス概要

標準プラン:FLCS3/5の場合

FLCSの標準プランとして、同時に5人まで接続が可能で、双方向のテレビ電話、チャット、スライドプレゼンテーションなどのWeb会議、テレビ会議などのミーティングができます。テレビ電話機能については、その内の3人が利用でき、相手の顔を見ながら会話することができます。テレビ電話は、5人の中で任意に人が入れ替えできます。残りの2名も会話の内容を聞くことができ、テキストチャットなどを利用して意見できます。
最大同時11名が双方向通信ができる(FLCS11/11)Web会議まで対応しています。定額制で会議の相手を変更できますので、企業間のコミュニケーションも問題ありません。

FLCS web会議の利用イメージ

特長

1.手軽なシステム

インターネットに接続したパソコン、Webカメラ、ヘッドセットがあれば誰でも手軽にサービスをご利用いただけます。専用のソフトウェアを準備する必要もなく、インターネットプロバイダーの制約もありません(変動IPタイプでもご利用いただけます)。接続ライセンス内であれば、利用者を自由に変更できますので、他企業など利用箇所に制約はありません。塾などの遠隔セミナー、授業などにも商用でご利用いただけます。

2.低コスト

弊社の専用サーバを利用するため、高価な専用線、カメラなどの通信機材、専用ルーム等の特別な設備投資は必要ありません。 また、定額料金で利用できるため、利用時間を気にせず一日に何度でもご利用いただけます。 これまで打合せ、研修等で発生していた通信コストや移動コスト、移動時間なども削減することができます。 また、インターネット回線はCATVやADSLでも問題なくご利用いただけますので、回線費も抑えることができます!Eモバイルでも可能です。

3.高機能

映像、音声に加え、ホワイトボード、スライド等による補完機能と併せてご利用いただけます。ワード、エクセル等のファイルの共有化や、Jpeg画像をホワイトボード上に表示させて文字や図形を付け加えながらプレゼンテーションを行うことができます。カレンダー中で会議室を予約できるのはもちろんのこと、受講生専用のページから遠隔授業を受講できる機能まで備えておりますので、安心して遠隔セミナーサービスをご導入いただけます。
インターネット上でのパケットロス、誤りが発生しても映像品質を自動でコントロールして最適な配信が行えます。

4.コミュニティサイトとしての利用が可能

本機能と併せて、会議室予約・メール通知、カレンダー、掲示板、Q&Amp;A、リンク集掲載など、コミュニティサイトとしての機能もご利用いただけます。

5.eラーニングとしての展開もサポート

弊社は、eラーニング事業も行っており、学習管理機能がついたLMSも本サービス(FLCS)に追加・実装できますので、企業や学校さまの教育シーンにも本システムをご利用いただくことで総合的な教育環境を低コストで構築できます。この機能を持った国内ASP事業者では、当社だけです。

サービスイメージ

※Web会議の場合は、お客さま誰もが会議室を予約、管理できます。

FLCS web会議サービスイメージ

機能紹介

*画面のレイアウト・デザインはロゴ挿入など、お客さまのご要望に合わせてカスタマイズ可能です。

FLCS web会議の機能紹介

1.接続管理

通信環境の設定、オンライン状態などが分かります。ログインボタンを押すだけで参加できます。終了時間が近づくとメッセージで案内します。

2.テレビ電話

画面人数分のUSBカメラ、ヘッドセットを利用してコミュニケーションができます。カメラ選択が参加者間で自由に選択・解除できます。セミナー専用タイプの場合は、1画面のみとなります。

3.ホワイトボード

文字入力、文字囲み、矢印作図による簡易説明が行えます。言葉だけでは伝わりにくい内容を補足する時にご利用いただけます。(図形は接続者間で同期され、作画部位を共有しています。)

4.Flashスライド

パワーポイントデータを元に作成したswfスライドファイルを利用してリアルタイムにプレゼンテーションができます。 swfスライドファイルを変換するソフトウェアを無償で配布しております。一度に100ページまで同期したプレゼンテーションが可能です。

5.テキストスライド

スライドの作成、削除が行えます。スライドにはタイトル、内容のテキスト入力が可能です。レジュメ、テキストメモの共有としてご利用いただけます。

6.出席管理

参加者リストにて出席管理も行えます。受講生は講師に音声(マイク)で質問することができます。

7.テキストチャット

テキストチャットがご利用いただけます。また、上記画面とは別に連絡用チャットが実装されましたので、オンラインセミナーを開催する際に大変便利になりました。 NEW

8.共有ファイル

ワード、エクセル、パワーポイントなどのファイルを共有できます。Jpeg画像をアップロードするとホワイトボードへ画像を掲載することができます。5つのファイルをアップロード、共有することができます。

9.ポインタ指示

指アイコンによる指示およびマウス操作を共有することができます。ホワイトボードやスライド上で指アイコンにて指示しながら解説を補完できます。

10.Web共有

(※オプション)
ブラウザを相互に自動起動し、URLを入力して、Webページをお互いに共有することができます。
オプション価格について

11.Movie共有

(※オプション)
カメラでリアルタイムに動画を保存でき、ホワイトボード上で同期して再生することができます。動画のプレゼンテーションが可能です。動画は5個まで記録できます。
オプション価格について

12.デスクトップ共有

(※オプション)
話し手のデスクトップ画面を聞き手に共有することができます。ヘルプデスクにご活用いただけます。エクセルシートなどを相手に見せることができます。
オプション価格について

13.アンケート

(※オプション)
会議やセミナーに参加している人からリアルタイムにアンケートが取れます。会議における賛否。セミナーにおいては、学習者のスキル把握、確認などにお役立ていただけます。アンケートのタイトル、内容については自由に作成できます。
オプション価格について

14.ライブ共有

(※オプション)
1箇所から動画・音声を複数人へ高画質でライブ放送できます。しかも遅延はほとんどありません。TV電話で発表者を移しながらホワイトボードの文字を撮影したり、書画カメラとして利用するなど臨場感あふれる映像伝送が行えます。(2008/03追加)
オプション価格について

豊富なコミュニケーション機能

FLCSweb会議では、さまざまなコミュニケーション機能をプラスした予約管理サイトをご利用いただけます。お客さまごとにご用意いたしますので、CMSツールとしてもご利用いただけます。web会議、webセミナーの2つの用途に対応しておりますので利用シーンに合わせてお選びください。 ※web会議室、webセミナールームの両方をご利用になりたい場合は、各契約が必要となります。

会議室・セミナー予約・メール通知機能

会議室、セミナールーム(教室)を予約管理できます。 予約画面から題名、利用時間、参加者、講師などを選択し保存すると、参加者にその内容をメールで通知します。 15分前からtoDoListへ「入口」が案内され、簡単に入室できます。 予約状況はカレンダーで表示でき、予約日をクリックすれば時間や参加者の変更も容易に行えます。 また、カレンダーから会議室・教室の予約状況を確認できるため、空き状況が一目でわかります。セミナーの予約については、管理者と講師のみ本機能をご利用いただけます。

コミュニケーション機能一覧

会議室予約

会議室の予約・管理ができます。会議予約完了後、会議に参加するメンバーへ会議の内容、時間をメールで通知します。

セミナー予約

教室の予約・管理ができます。

toDoList

今日からの予定が確認できます。会議の予約がはいっていれば、ログイン後直ちにtoDoListから会議に参加できます。

環境設定

グループ管理者はライセンス内でID、パスワード、メールなどユーザ情報を変更・管理できます。また、Q&Aや掲示板など機能の制限をかけることも可能です。

Q&A

利用者間のFAQとして利用できます。グループ管理者は質問の回答を質問者のみに返すだけでなくFAQとしてグループ全員に公開することもできます。

掲示板

利用者同士の情報交換ができます。
(ファイル添付機能対応)

カレンダー

ユーザの予定について、カレンダーインターフェースにより登録・変更できる簡易的なスケジュール管理機能を有します。

お知らせ

グループ管理者からの連絡事項を掲載します(添付ファイルの掲載も可)。グループ管理者はお知らせ内容の未読、既読が把握でき、未読者には個別にお知らせ内容をメールで送信できます。

Mail

e-mailが送信できます。

リンク集

グループに必要なサイトやニュースなどのリンク集として利用できます。

eラーニング(学習管理)

学習管理システム(LMS)の機能をオプションでご利用いただけます。詳しくは、こちらから。

↑ページトップへ戻る